レンタカーは高い?安い?



レンタカーって数千円の料金に加えてガソリン代や高速代、駐車料金など
さらに別途お金がかかるのでとにかく高いようなイメージがあるのではないでしょうか?
実際にはどうなのでしょうか。

人数が多ければ多いほどお得

これは別に北海道に限った話ではないのですが、電車やバスの料金はすべて一人分です。
対して、レンタル代やガソリン代、高速料金などはすべて「車一台」にかかります。
つまり、一人旅であれば基本的にレンタカーというのは決して安くはないものです。
逆に、人数が多ければ多いほど割安ということです。例えば、大人4人子供1人(祖父母、両親、子供)の旅行で
札幌から旭山動物園に行くとすると電車では大体42000円くらいかかってしまいます。
これがレンタカーであれば2万円程度で済みますので、かなりお得なのがわかるのではないでしょうか。

それでもさらに出費を抑えたいなら

レンタカーにももちろん高い店と安い店があります。
格安のレンタカーを使えばさらに安くすることはできます。
ただし、安い店はただ安いわけではなくやはりそれなりの理由があります。
中には悪質なショップ(ぼろぼろの車両を渡して最初からあったような傷を「あなたのせいだ」と言って追加料金を請求してくるような)もありますし
そこまで極端ではなくてもやはり安い店だと古い車になることが多いですので、いくら整備してあっても細かな不具合が旅先で起こることは多いです。
そのほかにも乗り捨てができないなど、安いなりのサービスになる部分も多いです。
なので、格安店を積極的にお勧めはできませんが、やはり出費を抑えられるのは魅力的ですのでそういった選択肢もあることは考えておいてもいいでしょう。

関連する記事