いろんなレンタカー



一口にレンタカーがおすすめとはいっても、いろいろな選択肢があります。
レンタカーのお店選びももちろんありますが、それ以前に様々な選択肢が実はあるのです。

普通に「レンタカー」

ぱっと思いつくいわゆるレンタカーは、飛行機や電車で目的地に到着し、その都市に宿をとって滞在中の移動をすべて自動車で
済ましてしまおうというものになるかと思います。
その都市の周辺は細かく回れる反面、長距離の移動はつらいです。
例えば、北海道の代表的な都市である札幌と函館を回ろうとすると、札幌-函館間の日帰りでの移動はほぼ不可能です。
同じ北海道なのでちょっと足を延ばして…なんて思ってしまいがちですが、実際にこの2都市間の距離は東京-名古屋間と同じくらい
高速を利用しても4時間半以上かかります。
移動して次は函館で泊まる、というのはありですが日帰りは全く不可能ですのでこの使い方をする場合は一つの都市を網羅(?)するような
感覚で計画を立てるのが良いでしょう。

電車で移動してレンタカーを借りる

いわゆるレール&レンタカーと呼ばれる方式で、例えば札幌に到着してレンタカーを借りて観光、このレンタカーは3時間や6時間で返して
札幌で1泊、翌日電車で函館に移動して、そこでまた改めてレンタカーを借りて…といった使い方もできます。
この方式なら複数の都市を回ることができますので、より旅の範囲が広まります。
半面、このような借り方をする場合、計画を綿密に立ててスムーズに回らないと時間に押されてしまうことになるので
レンタカーの旅ならではののんびり寄り道しながらといった旅にはならないかもしれません。

レンタカーより割安な「カーシェアリング」という選択肢

あまり聞きなれない言葉としてカーシェアリングというものもあります。
このシェアリングとはルームシェアのシェアなんかと同じで、車の共同利用という意味合いですが、ルームシェアのように少人数ではなく
「会員となった全員で車を共有する」という形で実質的にレンタカーと同じような使い方をします。
(ルームシェアと同じような意味合いの、数人での車の共同利用という意味合いのカーシェアリングもありますが、今回は割愛します)
15分単位で借りられて日常での買い物なんかに利用することも可能なのですが、3時間、6時間といった借り方もちゃんとできますので
「会員証がいる代わりに割安のレンタカー」として使用することも可能です(大体、レンタカーよりやや安いくらいの料金で1回分の給油カードがついてくる、くらいの設定です)
半面、長期間借りようと思うと割高になることが多いため、利用方法に応じて選択しましょう。
旅の計画に合わせて移動手段を考えてみるのも楽しいかもしれません。

関連する記事