いいことだけじゃない。安全運転を



レンタカーでの旅にはいいことがいっぱいありますが、もちろんそれだけではありません。
どういった点に気を付ければいいかも考えてみましょう。

できれば交代要員を

大なり小なり自動車は乗っているだけでストレスがかかります。
まして、慣れない車に慣れない道、決められた時間で何か所かの観光地を巡って…とやっていればどんどん疲労がたまってしまいます。
事故を起こさないのはもちろんですが、そこまで出なくても運転手だけ疲れて何も見ていないようなことになってはせっかくの旅行がもったいないですね。
友人同士などで行く場合はなるべく運転手は一人に決めずにみんなで負担するようにするほうがいいと思います。
家族旅行の場合お父さんしか運転できないなんてことは多いと思いますので、交代が不可能であれば休憩はしっかり予定に入れておくことをお勧めします。

スピードの出しすぎに注意

広い場所で目印になるようなものがない場合、スピードの感覚というのは狂いやすいものです。
いつもと同じようなつもりで走っていたらいつの間にか相当スピードが出ていた…という事故はよくあります。
また、雪が降ると普段通りのスピードでも危険です(特に普段雪が降らない地域の方は要注意です)。
また、北海道は自然が豊かですが、それ故に狐や鹿が普通に(?)飛び出してきたりします。
リスや狐ですら避けようとすれば事故の元ですし、鹿にぶつかろうものなら笑い話では済まない普通の事故になります。
とにかく普段とは違う場所だということを考えて、いつもよりスピードは落として運転しましょう。
せっかくの楽しい旅行なのですから、事故やネズミ捕りで無駄な時間を過ごして気まずくはなりたくないものです。
再三の注意を払って安全運転を心がけましょう。
もちろん運転だけでなく、計画の時点で余裕を持っておくことが大事ですよ。

関連する記事